Blog

アライヨウコというシンガーソングライター

10代の頃は音楽の歌詞の良さとかあんまりわかんなかった。

たぶん経験が浅かったのかもしれない。

 

言葉の持つ面白さって実は無限に広がってて。

何かと何かが組み合わさると、そうは言ってないのにその景色が思い浮かんだり。

 

先日、アライヨウコというシンガーソングライターと会った。

「いつかこの涙も乾くことを ぼくは知っていて」

から始まる生活という歌。

1曲目のワンフレーズから何かすごい事が起きそうな予感がした。

僕はこの一文の「も」と「て」がすごく好き。

そこが「も」と「て」だからこそ広がる世界がある気がして。

なんなら「て」で一文が終わっていいんだって思ったりして。

 

この歌が生活というタイトルにも面白さを感じる。

YER’Sの歌う生活といえば、アパートとか風呂とか。

畳の上とか台所とか。

何か普遍的な日常じみたものが登場する。

 

しかし彼女はどこか辛い気持ちを生きた証と歌う。

それが生活だと。

生きて生体として活動すること。だと。

そして最後に「きみと生きた証」で締められる。

 

きみって誰?

恋人?

家族?

友達?

ペット?

場所?

物?

 

と色んな想像ができそうな歌詞なのがまたいい。

 

僕達Yard end Robinson’sの曲の歌詞もなかなか面白いので是非歌詞カードをのぞいて見て欲しい。

2016-12-10 | Posted in BlogComments Closed 

 

Yard End Robinson’s —About our new staff 『PARMANENT』

tumblr_inline_o8nsu222141sqyby3_1280

—About our debut album 『PARMANENT』

Our debut album 『PARMANENT』 will be released soon!

”PERMANENT” means continuing without change.
But the name of it isn’t ” PERMANENT “,but “PARMANENT”

Look closely, the second letter “A” substitutes for “E” in the word.
“PARMANENT” is a coined word.

Permanence and meanings which we could see a little while ago
have disappeared in another moment.
But we love such thing which fails to catch permanence or a meaning.

Yard End Robinson’s sings about unstable sense of identity.
Yard End Robinson’s sings about somebody somewhere one day.

Eryu Sasaki / Yard End Robinson’s
「PERMANENT」は永続的とゆう意味。
でもYard End Robinson’sの今回の アルバム名「PARMANENT」は
よく見ると「PERMANENT」ではない。

実は2番目の文字であるEが Aにすり替えられている。
つまりこのような言葉は存在しない。

見えたはずの「永続性」と「意味」は、次の瞬間には消えている。
「永続的なるものになり損ねたもの」を、
あるいは「明確な像に結びつくこと事が出来なかった不完全なもの」こそが
愛おしいと僕らは思う。

何者にもなれない僕らは、
いつでもない、いつかの景色と、
どこでもない、どこかの話を、 唄ってる。

Eryu Sasaki/ Yard End Robinson’s

2016-06-15 | Posted in BlogComments Closed 

 

ジャケットデザインの打ち合わせに行ってきました!

12961739_1307798669235269_6598229851499477637_n

せっかくCDを作るんだから、ジャケットのデザインをしてくれる方に会いに行こうじゃないか!

という事で、東京は代官山、Steinskiのデザイナー佐藤さんを訪ねて行きました。

レコーディングが終わったぞ!と意気揚々と投稿してからしばらく時間が空いてしまいましたが色々な人を巻き込んで素晴らしい作品になると思います。

レーベル(power elephant)オーナーの矢田さんも同席してもらい今後の打ち合わせも少し。

だいたい夏頃の発売になりそうな気配です。

音源を引っさげてレコ発ライブなんかもしようと思っています。

詳細はまだまだ決まっていませんが、いろんな所へ出向きたいと思っていますのでお誘いいただけるととても喜びます。

 

そんなこんなで、僕らは現在新しい曲(カバー曲)に取り組んでいます。

原曲はとにかく速い。僕らの一番早い持ち曲よりもBPM20くらい速いテンポでカバー曲をアレンジしています。

このカバーも我々YER’Sでしかできないようなアレンジになっていて完成が本当に楽しみです。

とにかく練習しなければテンポに乗っかれないのでまずはそこが個人的な課題でもあったりします。

2016-04-12 | Posted in BlogComments Closed 

 

サヨナラJBスタジオ23

僕らは数ヶ月の間、スタジオ難民となります。

と、言うのもヤードエンドでずっと使っていたスタジオが改装のため一旦使えなくなります。

改装といってもリフォームではなくて建て替えレベル。

学生時代から十数年使っていたのでちょっと寂しい気持ちもあります。

IMG_3625

ライブもできるミーティングエリアの雰囲気はどこのスタジオにもない感じで最高でした。

IMG_3624

もう無くなっちゃうから写真撮った方がいいよと言われ、iPhoneでパシャりと。

そんな名残惜しさも手伝ってか、スタジオ後のミーティングは深夜にも及ぶ長丁場でした。

アルバムレコーディングも大詰めを迎えて、ジャケットとかのアートワークだったり、CDプレスの話だったり、今までぼんやりと話し合っていたことを形にしていかなければいけない段階に入りました。当然ですが、1stアルバムって1度しかないのでとにかく出来ることはなんでもやるという勢いで製作しています。時には遠回りになっても、それが無駄になっても、なんでもできることはやると。

 

そして今週末にレコーディングでもお世話になっているstudio246でライブがあります。

2016.2.13(土)
@246 NAGOYA
18:30スタート
W/
CAMUS
NAVEL
Ego Trunk
OUTWARDS

tumblr_inline_o0jd84apyb1sqyby3_400

こちらもどうぞよろしくおねがいします!

2016-02-11 | Posted in BlogComments Closed